任意整理でブラックになったときにお金を借りるには

任意整理は債務整理の方法のひとつです。自己破産ほど知名度は高くありませんが、債務整理の方法としてはよく選択されています。ただ、任意整理をすると、金融機関からブラックと認定されてしまい、日本全国どの金融機関からもなかなかお金を借りるのが難しくなります。

ただ、お金を借りるのを完全にあきらめる必要はありません。銀行や有名消費者金融からお金を借りるのは厳しいですが、任意整理によってブラックになった人も、二流、三流の消費者金融からはお金を借りることはできます。別に二流、三流だからといって法律を無視した営業をしているわけではなく、融資限度額が少し低めだったり、利用可能なATMが少ないだけです。多額の借入を希望している人や、日本全国24時間いつでもATMを使いたいという人以外には何の問題もありません。

二流、三流の消費者金融でもお金を借りる際には審査が行われます。ただ、任意整理の場合は、自己破産した人よりは審査で好印象を持たれる傾向にあります。というのも、自己破産は借金を完全に無かったことにする行為ですが、任意整理の場合、本来の返済額よりは少なめになるものの、一応、返済はしているためです。

つまり、任意整理でブラックになった人は、借りたお金を返そうという意識のある人、安定した収入のある人とみなされるわけです。消費者金融としては安定収入と返済意志は何よりも重要なものですから、任意整理でブラックになった人が優遇されるのは当然と言えば当然です。

ただ、借入先選びには注意が必要です。さすがに任意整理をした直接の借入相手からまた、お金を借りるのは無理です。いわゆる社内ブラックという状態になっているため、どうやっても融資してもらえません。おそらく時効も存在しないものと思われます。待っていても意味がありませんから、任意整理したときに借入していなかった別の金融機関を選びましょう。可能なら任意整理した相手と、提携関係などがない完全な別グループの金融機関を選ぶのがベストです。

ブラックでもお金を借りることはできるのか?

ブラックとは何でしょうか。それはブラックリストに載った人のことです。どこのブラックリストに載ってしまったのでしょうか。それは消費者金融から融資を受ける際に必ず審査を受けます。審査を受けるときに消費者金融は本人に返済能力があるかどうかを判断します。その際に収入や職業、住所などの情報を調べるだけでなく、信用情報機関に照会をかけて、その人が過去に消費者金融などを利用した履歴を調べます。もし、本人が過去に債務の返済を遅延していたり、さらには自己破産や債務整理をしていた人ならその情報は残ります。そして、ブラックリストに載ってしまい、消費者金融から融資を受けるのが難しくなってしまいます。では、そんなブラックな人でもどうすればお金を借りることができるのでしょうか。今日は4つの方法を記したいと思います。

まず一つ目は借金を完済してブラックではなくなるようにするということです。当たり前ですが借金が完済されれば、問題はありません。しかし、一度ブラックになってしまうと、その情報は5-7年ほど履歴として残ってしまいます。ですので、今お金を借りたいという状況ならば、現実的な方法ではありません。

2つ目にできる方法はクレジットカードの現金化です。クレジットカードにはショッピング枠があります。このショッピング枠を現金にするのです。どうすればよいのでしょうか。今はネットで調べると、たくさんの会社が現金に変えてくれます。もちろん、手数料などはかかるのですが、困ったときにはお勧めです。

3つ目の方法はブラックでも貸してくれる融資対応が柔軟な消費者金融を利用することです。ブラックでも融資してくれる業者は探せばたくさんあります。しかし、金利がすごく高かったりしますので、利用する際には注意が必要です。

最後の方法は友人、親戚から借り入れるというものです。返済が滞ってしまうと、関係にヒビが入ってしまうので、確実に返済できる場合にのみ利用するようにしましょう。