お金を借りるブラックOK|即日融資可能な消費者金融でお金借りたい

お金を借りるブラックOK|即日融資可能な消費者金融でお金借りたい

多重債務のブラックであってもお金を借りることが出来ます

ブラックの中でも多重債務者はお金を借りることが難しい傾向にあります。多重債務というのは、複数の金融機関からお金を借りている状態で、他から借りた借金を返さない限り、大手の消費者金融や金融機関ではお金を借りることが出来にくいことが多いです。

 

ただし、多重債務のブラックの人でもおまとめローンというものを利用すれば、新たにお金を借りることが出来る場合が多いのです。おまとめローンというのは、今ある借金を一か所にまとめるものです。一か所にまとめると借金を統一する為多重債務ではなくなり、新たにお金を借りることが出来ます。多重債務のブラックの方は、まず借入の元本を減らすことと、借入時の金利を低くしていくことが必要となります。

 

注意しなければならないことは、おまとめローンを受けるにしても、1人当たりの取引金額が100万円以上でなければいけないことです。また、大手の銀行だと審査に時間がかかってしまい、結果的にお金を借りるまでの時間がかなりかかってしまいます。そのため、おまとめローンを行う場合、大手の銀行よりも中小企業の方がお金を借りることが容易になるのでお薦めです。

 

例えば、中央リテール株式会社という会社は審査を最短2時間で行ってくれて、融資までの時間が最短1日です。こういった会社は銀行で融資を受けられない人を対象にサービスを行っているので、緩い審査で行ってくれるところが大多数を占めています。

 

おまとめローンの審査に受からないと信用が落ちていってしまうので、注意が必要です。信用が落ちるとどんどん審査に落ちるという悪循環になるため、現在就いている職業に自信が無い方(大手企業や公務員など以外)は、大手の金融機関にお金を借りるのではなく、先にあげた中小企業の金融機関からお金を借りるようにすることが賢明であると言えます。

 

また、多重債務者でブラックに入ってしまっている人は、小規模な消費者金融の会社に申し込むことでお金を借りることが出来る場合もあります。貸企業登録をしている貸金融業者であれば、正規の貸金融業者となります。国もしくは都道府県で許可をして登録している金融業者は、法律内で営業しないと営業不可になってしまいます。そのためブラックでも悪質な取り立てにあわない可能性が高いです。ですので、小規模な消費者金融からお金を借りる場合は、貸企業登録をしている先を必ず見つけ、悪質な取り立てにあわないように注意しましょう。

 

ブラックでもお金を借りることが出来る消費者金融について

過去に金融事故を起こしてしまっていて、銀行・信託会社・消費者金融などからお金を借りることが出来ない人の事を俗にブラックと言います。ブラックとは、例えば自己破産をしていたり、任意整理などの債務整理を行ったり、カードの支払いの遅延や延滞をしてしまったケースを言います。そういった場合、最低でも5年から10年はお金を借りることが出来ないようになっています。なぜかというと、お金を借りる場合、各金融機関ごとに審査があり、勤続年数や借り入れ状況、返済状況などを加味して申込者がお金を借りることが出来るか決めているからです。こういったブラックの場合、カードが新たに作れなかったりローンやキャッシングが利用出来ません。

 

では、どのようにお金を借りることが望ましいのでしょうか。一番に思い浮かべるものが消費者金融でしょう。消費者金融では、ブラックでも即日お金を借りることが出来ると謳っているところも多いのですが、上記の審査に通らなければブラックの人はお金を借りることは出来ません。ブラックになってしまっている人は大手の消費者金融からお金を借りることを諦めて、他の方法を探した方が良いです。他の方法とは、中小企業の消費者金融からお金を借りることです。

 

中小企業の消費者金融の場合、上記の審査が甘めであることが多い場合があります。もちろん、審査なしにお金を借りることが出来る箇所はありません。ブラックの人も審査が無いとしている消費者金融の場合、闇金である可能性があるため、絶対に借りないようにしましょう。

 

中小企業の消費者金融は、ブラックの種類によりお金を借りることが出来る所もあるので、金融借入診断サイトなどを参考にすると手っ取り早く、融資を受けられる金融機関が見つかって良いかもしれません。返済の見込みのないブラックの方には中小企業の消費者金融も貸してくれることはあまりないかもしれませんが、粘り強くインターネットを使用して検索してみましょう。例えば、AZという消費者金融会社は、ブラックでもお金を借りられると口コミでとても評判の高い会社です。多重債務のブラックであっても、債務整理後であっても融資を受け付けてくれます。

 

このような会社では、新規の方は10万円以下の小口融資に限る会社が多いのですが、期日までの返済を必ず行い、信用を増やしていけば融資してくれるお金も増えていくこともあります。ブラックであっても、お金を貸してくれる会社は思っているよりも多いです。ブラックでもお金を借りることが出来る中小企業の消費者金融に融資の相談をしてみてください。

ブラックでも簡単にお金を借りることが可能な闇金業者に気を付ける

ブラックの人が一番簡単にお金を借りることが出来るのは闇金業者ではないでしょうか。闇金業者では、ブラックの人でもすぐに、審査もなく簡単にお金を借りることが出来ます。審査が甘い、ブラックもOK、即日融資と記載がされていたら、闇金業者を疑ってください。

 

闇金業者からお金を借りると何が大変かというと、お金を借りる前と後の対応が違うこと、お金の取り立てが厳しいこと、利息が高いこと、元本が減らずに延々と払い続けなくてはならないということです。また、闇金業者の中では、お金を貸す際に高額な補償金を取るところもあります。闇金業者であると認識せずにお金を借りることをしてしまったり、途中でお金を借りることをやめようとしてもやめられなかったりとトラブルにあわないために、闇金業者であるか通常の企業であるかをしっかりと見極めましょう。

 

中小企業の消費者金融と闇金業者の違いは区別がつきにくいですが、ブラックの人が初めに確認しなければならないこととして、貸金業の登録があるのかを調べなければなりません。登録貸金業者検索入力ページというHPがあるのですが、こちらで電話番号のみで検索して、登録業者かどうか確認するのが一番手っ取り早い方法です。商号や名称で検索すると実在する別業者の名前を詐称されている場合判断がつきませんので、必ず電話番号だけで検索をするようにしましょう。また、HPに電話番号の表記すらない業者の場合は闇金業者ですので、絶対にお金を借りることは避けましょう。

 

また、中にはソフト闇金という闇金業者の中でも取り立てが優しかったり、金利が闇金業者よりも少し安かったりという闇金業者が出てきました。しかしソフトとはいえ、闇金業者なので違法業者で、金利も正規の他の会社に比べてとても高くなっています。例えば、通常の闇金業者であれば1週間で5割の高金利が基本となっています。しかし、このソフト闇金は2週間くらいで3割の融資が多くなっています。返済がしっかりしていれば、金利や返済期間などに融通が利くようになってきたり、親身になって話を聞いてくれたり、無理な取り立てをおこなったりしません。そのため、ソフト闇金の事を頼りになる人や友人のように感じてしまったりする人も多く、長く借りてしまう人もいます。とはいえ、返済が遅れてしまうと取り立てなどが厳しくなってきます。また、2週間で3割という高金利を払わなければいけなかったりするため、ソフト闇金でも借りない方が賢明です。

自己破産のブラックでもお金を借りることが可能

自己破産をすると、7年から10年の間金融機関や銀行からお金を借りることが難しくなります。これは、お金を借りるときには審査があるのですが、自己破産などの金融事故を起こした人をいわゆるブラックと呼んでおり、このブラックになると金融機関等の審査に落ちてしまうことが多々あるためです。

 

ではブラックの人がどのようにお金を借りたら良いかというと、ブラックでも申し込みが可能な会社を利用するようにしましょう。このような会社には、自己破産者のブラックの人でも現在の収入が安定しており、現在他社債務や延滞等がなければお金を借りることが出来る所があります。例えば、大阪のフクホーという会社や東京にあるキャッシングエニーという会社は、老舗の消費者金融です。営業年数が長く、信頼できる金融会社であると評判が高いです。なじみのない方も多い会社かもしれませんが、貸金業登録をしている中小企業の消費者金融ですので、安心してお金を借りることが出来ます。待遇も大手金融企業と比べて遜色なく、口コミでも対応が親切であると好評の人気の会社です。

 

このような中小企業の消費者金融は、ブラックの人に対しても審査が甘く、ブラックの人でも現在の収入を見て審査をしてくれます。そのため、自己破産をしてしまっていても、現在真面目に働いている人であれば、お金を借りることが出来る可能性がとても高くなります。また、このような会社はインターネットでも申し込みが行えるため、金融会社から遠い場合でも安心して利用できます。

 

また、ブラックの中でも自己破産した人は、ある程度の時間が経てばキャッシングを行うことも可能になります。例えば、新生銀行カードローンレイクでは、10年ほどたてばキャッシングを行うことが出来ます。新生銀行カードローンレイクは以前、消費者金融会社として営業していましたが、いまでは新生銀行グループ傘下に入っているため銀行カードローン扱いになっています。銀行カードローンは、ブラックに入っているとなかなか融資を受けられないことで有名ですが、ある程度の年月が経てば融資を受けることが出来るようになっています。

 

自己破産した人は、追加でお金を借りることが出来たとしてもしっかり返済することと、真面目に働いてお金を返していくことで、ブラックであってもある程度年月が経てばキャッシングも利用できるようになります。安易に闇金業者等に頼らないように気を付けてください。

申し込みブラックにならないように注意してお金を借りる

 

申し込みブラックというのは、短期間のうちに複数のキャッシングの申し込みやカードローンの申し込み、あるいはクレジットカードの申し込みをした人が、一定期間そういった審査に通らなくなる、もしくは通りにくくなるブラックの状態の事を言います。今までにカードを保有したことが無い人や遅延なくお金を返済していた人でも、ブラックになる可能性は十分にあります。

 

クレジットカードやキャッシングの多重申し込みをしているブラックの人は、お金を貸しても返ってこない可能性が高いと判断されてお金を借りることが厳しくなるのです。カードの申し込みなどを行うと、データが全て信用情報機関に登録されます。既に登録されているデータなどを照合して審査を行うため、様々なカード会社等に短期間に申し込みを行うとこのデータが沢山登録され、ブラックとしてみなされることになり、お金を借りることが難しくなるのです。

 

申し込みブラックというのは、一度ブラックとして登録されてしまうと、最低でも6か月間申し込みをした履歴が残ってしまいます。よって、申し込みブラックになってしまったら、6か月間は新規でキャッシングの申し込みやカードローンの申し込みを行わない方が賢明です。

 

申し込みブラックの人は、大手の消費者金融会社ではお金を借りることが難しい場合が多いので、中小企業の消費者金融からお金を借りるといいでしょう。申し込みブラックの場合、申込者の申し込み履歴の件数でブラックか否か判断されます。その判断基準は各社ごとに異なっているため、ブラックだと思って諦めていたら大手の会社ではお金を借りることが出来たと言う事もあります。ただし、そういった事例は申し込みブラックに限る物で、他社へのキャッシングの返済・遅延をしていない場合、借り入れが年収の1/3を超えていない場合、現在債務整理中で無い場合、債務整理をしていて間もない場合では無い人が対象となります。

 

もしくは、このようなブラックの人の場合、クレジットカードの現金化を行う方法もあります。これは、クレジットカードのショッピング枠を利用するものなのですが、クレジットカードの現金化を行っている貸金融業者が指定した商品を購入して、購入商品の9割くらいの値段で貸金融業者に買い取ってもらうという方法で現金をねん出する方法もあります。この方法では、簡単に現金をねん出できますが、クレジットカードを持っていることが条件となります。申し込みブラックは、1ヶ月以内に複数の借り入れを行うと対象となってしまうものなので、出来る限り1か月以内に複数の借り入れを行わないように注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ